2006年03月27日

塾は友達と話をしながら勉強するものだと思っていた

M,N
私は小学6年生の6月に塾に入りました。

初めて塾に来たとき、驚いたことが3つあります。
1つ目は立腰です。私はもともと姿勢が悪かったのですが、最近は昔より良くなりました。そして、集中力も増して勉強に取り組むことができました。

2つ目は感想を書くことです。初めての塾の日には10行もかけるか不安でしたが、思ったより書けました。私はもともと文章を書くことが嫌いで得意ではなかったのですが、今は昔より、分かりやすく、早く書けるようになったと思います。

3つ目はとても静かだったことです。
私は塾に入る前、塾とは友達と話などをして勉強するのだと思っていましたが、まったく違っていました。誰も話さず、一生懸命勉強に取り組んでいました。解説@ 

そして何より、この塾に入ってよかったと思うことは、塾の先生の説明がすごく分かりやすかったことです。
また、テスト前も勉強会を開いていただき、ものすごく集中して勉強に取り組め、テストに臨むことができました。

3年半、あっという間に過ぎてしまいました。本当にありがとうございました。高校生になってもこの塾で学んだことを忘れずにがんばっていきたいです。

★家族へ 
今まで塾に通わせてくれてたり、進路のことでも相談にのってくれたりして感謝しています。私はこの塾に入り、本当に良かったと思います。ありがとう。そして高校生になっても色々よろしくお願いします。

★後に続く人たちへ 
今は一生懸命に勉強する時期だと思います。だから、今まで以上にがんばって一生懸命勉強に取り組んでください。


*******************************

解説@ 
最近、「教室が静かで驚いた」と感想を書く人が増えました。私は、「学習は静かに集中して行なうのが当然」と考えていたのですが、最近の子どもたちの考えはだいぶ違うようです。

学校の授業が変わったからなのでしょうか。ワイワイガヤガヤ友達と楽しくおしゃべりしながらするのが勉強と考えている子が多いようです。

塾の中にもアットホームを売り物に、お菓子を出したり、休み時間にゲームで楽しんだりということで子どもの気を引こうとするところがあります。講師が玄関まで出迎え、小中学生に「いらっしゃいませ」と挨拶する進学塾もありますし、通塾回数や宿題をやってきた回数に応じてポイントを出し、ゲーム機があたるというところまであるそうです。

3年ほど前、他塾から転塾して3ヶ月ほど経ち学校のテストも上がってきた中2の生徒が突然やめたことがありました。

母親に聞いた理由が「みんなが一生懸命勉強してるのがいやだ。教室が静かでいやだ。」とのこと。これには何と答えて良いか分かりませんでした。母親も「だから勉強できるようになったんじゃない。前の塾ではおしゃべりしながらの勉強で長く通っても少しも勉強できるようにならなかったじゃない。」などと説得してくれたそうですが、とにかく「静かに勉強するのはいやだ」というだけだったそうです。

私たちは、上で書いたような授業を「子どもに迎合する授業」として、子ども本人のためにならないと考えていました。

今でもその考えに変わりはありませんが…。

ランキングクリックお願いします。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ

ブログLink&人気Ranking


ブログランキングranQ



posted by 日々 学 at 22:59| Comment(47) | TrackBack(11) | 卒業作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

自分で学ぶ意味

T,K

僕は、何かひとつに集中するのが苦手で、家でもあまり勉強をしませんでした。そのせいでテストの点も良くなかったので、この塾に入りました。でも、最初は「塾なんて…」と思っていました。

立腰(りつよう)の意味もよくわからなかったし、早く帰りたいのに「感想書かなきゃいけないのかよ。…」と思っていました。解説@

でも不思議に、立腰をしていないと姿勢がいつの間にか悪くなってしまいダラダラしてしまうのに対し、立腰をしていると自然に姿勢が良くなり勉強に集中していけるのです。

そのお陰なのか、この塾に入って初めてのテストで苦手だったはずの数学と英語が両方とも80点以上をとったのです。解説A

この塾では数学と英語を中心的にやっており、学校より早く進んでまるで学校の勉強が復習みたいになってよくわかりました。英語では基礎となる単語の覚え方がよくわかりました。
また、意味の無いと思っていた感想でさえ、学校の国語の授業で「文章力が上がったな」と言われたのです。

意味が無いと思っていたことも大きな意味があったんだと思いました。

もうひとつ、この塾は強制的に勉強をやらせるのではなく、「自分自身の意思」でやります。
先生は、「誰かに言われて勉強するんじゃなく、自分自身の意思で勉強しなくちゃいけない。」と言ってました。

僕はその通りだと思いました。誰かに言われて勉強してもすぐやめちゃうけど、自分の意思でやれば、言われてやるより確実に学べます。僕自身家で勉強なんかしたことが無かったのに、少しずつやり始めました。お陰で、第一志望校に前期推薦で合格することができました。

この塾で学んだことは、「自分で学ぶ意味」と「効率の良い勉強」でした。

もしこの塾に入っていなかったら、もっと、すぐ投げ出してしまう人間だったと思います。この塾は、それではいけないと気づかせてくれました。

今まで色々なことを教えていただき、本当にありがとうございました。


★家族へ
僕は決して「良い子」じゃなかったし、「勉強しろ!」と言われても無視をしたり、迷惑をかけてしまったけれど、これからもよろしくお願いします。

★後に続く人たちへ
みんな勉強は好きじゃありません。でも投げ出さないでやるべきです。その努力した分、いつか幸せになると思います。

*******************************

解説@ 
立腰(りつよう)の意味もよくわからなかったし、早く帰りたいのに「感想書かなきゃいけないのかよ。…」と思っていました。

まさにここに書かれている通りの態度でした。
立腰の意味も分からなかったとありますが、最初から聞く耳を持たない相手にどんな説明の言葉があるのでしょうか。

意思が強くなる。
落ち着くよ。
頭が働くようになる。
姿勢を良くするとケアレスミスがなくなると、NHKで放送してた。
集中力が付く。
勉強ができる人ほど姿勢が良くなる。
風邪を引かなくなるよ。

考えられるだけの言葉で説明するのですが、猫背ひとつ直させることがなかなかできません。

そんな生徒の気持ちを変えるには一体どうしたらよいのでしょうか。

「こうすればいい」という秘策や裏ワザがあれば良いのですが…。
学生時代から数えれば30年以上生徒と接していますが、それでもまだまだ毎日が悪戦苦闘の連続です。

「北辰の其の所に居て衆星のこれに共(むか)うがごとし」が実現するのは
いつの日でしょう。


解説A 





ランキングクリックお願いします。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ

ブログLink&人気Ranking


ブログランキングranQ



posted by 日々 学 at 06:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 意思を鍛える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

記事を一部引越しします

「甘やかされ型」「わがまま型」等、人間関係とそれが性格や能力に与える影響について考えてきた記事は、都合により次のブログに引越ししました。

http://kyouiku2.seesaa.net/
「積極的な学習態度を身につけるために」

更新頻度は少なくなりますが、引き続き続けていくつもりです。よろしくお願いします。


posted by 日々 学 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子関係と能力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

集中力を実感することもありました

H,B
私が秀学舎に入ってびっくりした事は、授業の前に10分間立腰をすること解説@と、おわってから感想を書くことでした。

立腰を初めてした時は、普段姿勢が悪いせいか身体が痛くなりました。後、ずっと目を閉じているのも初めのうちはつらかったです。

感想を書くことに対しても最初のうちは「変なことするなぁ。」と思っていましたが、慣れてくると、普段でもすらすらと文章が書けるようになった解説Aので、これも塾のおかげかな?と思いました。あと、塾に来て勉強すると2時間があっという間に感じ、集中力がついた!と実感することもありました。解説B 

しかし、2年生になると部活も忙しくなり、疲れに負けあまり塾に来ることができませんでした。今思うと、部活と塾(勉強)がしっかり両立できていれば、もっと中学校生活が充実していたのでは?と少し後悔しています。

でも、第一志望校のS高校に推薦で合格することができたのも、分からないところがあると熱心に教えて下さった先生方のおかげだと思います。先生、本当にありがとうございました。

★家族へ 
まだ進路が決まっていない時、いつも「行きたい高校がない!」と言っていた私の相談にのってくれてありがとう。これからは自分の決めた道を投げ出すことなく進んで行こうと思います。これからも温かく見守っていて下さい。

★後に続く人達
 後になって後悔をするよりも、今から一生懸命勉強に取り組んだ方がいいと思います。そうすれば中学校生活を振り返った時に、いい思い出ばかりが浮かんでくると思います。

*******************************

解説@ 
毎年多くの生徒が書くことです。姿勢を正しくすることは学習の基本です。学習時だけでなく、食事中の姿勢から人と話すときの姿勢まで、昔の日本では姿勢についてかなり口やかましく子供をしつけていましたが、最近はそれほど言わなくなったようです。

しかし、そのことが、現在の日本の子供たちが些細(ささい)なことで切れやすくなったことの最大原因であると主張する人も多いようです。

 その代表格が明治大学の斉藤孝教授(『声に出して読みたい日本語』の著者)です。斉藤先生は『「ムカつく」構造』という本の中で、こう書いています。

「腰が入り、肝が定まる姿勢は、かつて日本人の日常の姿勢の基本であり、生きる構えの核心でもあった。…。腰の入らない、腹で深く呼吸しない浅い息の体から我慢のできない「ムカつく」感情があぶくのように吐き出される。…」。

姿勢の乱れは感情の乱れにつながると書いています。詳しくは別の機会に紹介します。

解説A 
文章力は考える力そのものです。普段文章がすらすら書けるというのは、本物の学力がついた証拠です。

解説B 
立腰すると集中力も格段にアップします。2時間どころか、講習等で4時間以上の学習でも「意外に短かった」と書く人もいます。反対に姿勢の悪い人は、すぐ疲れたり、よくトイレに行きます。そのような人は当然成績も上がりづらくなります。


ランキングクリックお願いします。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ

ブログLink&人気Ranking


ブログランキングranQ






posted by 日々 学 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 立腰(りつよう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

後悔しないように

Y,A
私がこの塾に入ったのは中学2年生の夏休みの途中でした。

それまで私は色々な塾に通っていましたが、成績は上がらずに困っていました。

だけどこの塾に入ってから、少しずつではあるけど、成績は伸びていきました。そして中学3年生になって、週2回から週3回塾に来ることになり、勉強時間も増えていきました。

そうして、塾で勉強することにより、勉強内容が先に頭に入っているので学校の授業ではわからないところがあまりありませんでした。そして、中間・期末テストでは、英語が80〜90点台と、とてもよくできていて、他の教科も良くできていました。

そしてあっという間に夏休み、冬休みと過ぎていきました。私は冬休み中に県立と私立のどちらを受験しようかとても悩んでいました。友達が行くからなどの理由で県立を受けるか、自分の夢を叶えるために私立を受けるか。そして、私は自分の意志で私立のA学園高等学校の特進を受けることに決め、そして合格しました。

今まで一年と少し、親身になって指導して下さりありがとうございました。高校に行っても充実した勉強をして、意思を強く持ち、自分の夢を必ず叶えたいと思います。

★家族へ
今まで塾に通わせてくれてありがとう。これから自分の夢を叶える為にがんばっていくのでよろしくお願いします。

★後に続く人たちへ
勉強を怠けているといつか必ず、「あぁ、あの頃勉強していれば…」という時が来ます。そうならない為にも、勉強できるときにちゃんとして、後悔しないように、そして自分自身のためにも頑張って下さい。解説@

*******************************

解説@
この部分について感想を書いた人が多くいました。一番印象に残ったのでしょう。こういうことは親や先生が言うより、1年先輩が言った方が素直に聞けるのかもしれません。

「後悔先に立たず」と言いますが、未来に起こることを想像して、それに備えることは人間にしかできない高度な精神活動です。前に解説した意志(心)と意思(身、行動)が一致して初めてできることです。

先苦後楽』(せんくこうらく)という言葉があります。先に努力(苦)すれば後は楽(自由)になるという意味です(先憂後楽も同じ意味です)。

『ウサギとカメ』の昔話も、イソップの『ありとキリギリス』も、この大事なことを、子どもが小さいうちに伝えようとしたものですこのことを分からせることが、教育の大きな目的の一つです。

未来は確実にやってきます。中2なら1年後に、中1なら2年後に、受験は確実にやってきます。1年は長いと思うかもしれませんが、たった365日です。そのときに後悔しないためには、この『先苦後楽』の心が必要です。

待っていても「棚からぼた餅」が落ちてくることはありません。自分の人生は自分で作るものです。その最初の選択が15の春なのです。

あなたの奮い起こすことのできる勇気を総動員して、「自分の人生は自分で作る」という決断をして下さい。
あなたの人生の主人公はあなたなのですから。

確実に来る未来、確実に来る受験。その時を皆さんはどんな状態で迎えるのでしょう。こつこつと努力を続けてゴールを切ったカメのように迎えるのでしょうか。それとも昼寝をしていたウサギのように迎えるのでしょうか。

1年後の自分の姿。どちらを選ぶこともできます。それを選ぶのは、親や先生ではありません。あなた自身の意思です。
1年後の自分をイメージし、今からその準備をすること、自分の将来を良くしていくこと、それは猫や犬にはできません。

人間だけが持っている超能力です。
その超能力は、あなたにも十分に備わっています。

備わっていますが、いつまでも使わないでいると、いざ使おうとしたときさびついて使えなくなってしまいます。
あなたはその超能力をいつ使うのでしょうか。?


ランキングクリックお願いします。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ

ブログLink&人気Ranking


ブログランキングranQ★続きを読む★
posted by 日々 学 at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 卒業作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。