2005年11月23日

集中力を実感することもありました

H,B
私が秀学舎に入ってびっくりした事は、授業の前に10分間立腰をすること解説@と、おわってから感想を書くことでした。

立腰を初めてした時は、普段姿勢が悪いせいか身体が痛くなりました。後、ずっと目を閉じているのも初めのうちはつらかったです。

感想を書くことに対しても最初のうちは「変なことするなぁ。」と思っていましたが、慣れてくると、普段でもすらすらと文章が書けるようになった解説Aので、これも塾のおかげかな?と思いました。あと、塾に来て勉強すると2時間があっという間に感じ、集中力がついた!と実感することもありました。解説B 

しかし、2年生になると部活も忙しくなり、疲れに負けあまり塾に来ることができませんでした。今思うと、部活と塾(勉強)がしっかり両立できていれば、もっと中学校生活が充実していたのでは?と少し後悔しています。

でも、第一志望校のS高校に推薦で合格することができたのも、分からないところがあると熱心に教えて下さった先生方のおかげだと思います。先生、本当にありがとうございました。

★家族へ 
まだ進路が決まっていない時、いつも「行きたい高校がない!」と言っていた私の相談にのってくれてありがとう。これからは自分の決めた道を投げ出すことなく進んで行こうと思います。これからも温かく見守っていて下さい。

★後に続く人達
 後になって後悔をするよりも、今から一生懸命勉強に取り組んだ方がいいと思います。そうすれば中学校生活を振り返った時に、いい思い出ばかりが浮かんでくると思います。

*******************************

解説@ 
毎年多くの生徒が書くことです。姿勢を正しくすることは学習の基本です。学習時だけでなく、食事中の姿勢から人と話すときの姿勢まで、昔の日本では姿勢についてかなり口やかましく子供をしつけていましたが、最近はそれほど言わなくなったようです。

しかし、そのことが、現在の日本の子供たちが些細(ささい)なことで切れやすくなったことの最大原因であると主張する人も多いようです。

 その代表格が明治大学の斉藤孝教授(『声に出して読みたい日本語』の著者)です。斉藤先生は『「ムカつく」構造』という本の中で、こう書いています。

「腰が入り、肝が定まる姿勢は、かつて日本人の日常の姿勢の基本であり、生きる構えの核心でもあった。…。腰の入らない、腹で深く呼吸しない浅い息の体から我慢のできない「ムカつく」感情があぶくのように吐き出される。…」。

姿勢の乱れは感情の乱れにつながると書いています。詳しくは別の機会に紹介します。

解説A 
文章力は考える力そのものです。普段文章がすらすら書けるというのは、本物の学力がついた証拠です。

解説B 
立腰すると集中力も格段にアップします。2時間どころか、講習等で4時間以上の学習でも「意外に短かった」と書く人もいます。反対に姿勢の悪い人は、すぐ疲れたり、よくトイレに行きます。そのような人は当然成績も上がりづらくなります。


ランキングクリックお願いします。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ

ブログLink&人気Ranking


ブログランキングranQ






posted by 日々 学 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 立腰(りつよう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。