2005年11月09日

立腰姿勢

立腰の姿勢

         森 信三先生講述
         『性根の入った子にする”極秘伝”』―立腰教育入門―より引用


「腰骨を立てる」と申しても、お分かりにくいかと思われますので、次に図示してご説明しますが、このように、

立腰本.jpg(1)まずお尻をウンと後ろに引き、

(2)次にはお尻のやや上方の腰骨をできるだけ前方につき出すのです。

つまり後方と前方という正反対の方向が、腰骨の一点でキリッと切り結ぶようにするわけです。

つまりこの一点のネジを、全身の力を以ってぐっと締め上げる気持ちなのです。
そしてこの状態を朝起きてから夜寝るまで、できるだけ持続し続けるわけです。
これこそが実に性根を入れる極秘伝なのであります。

同時にこれが心身統一の秘法でもあるわけです。もともと意思力というものは、集中力プラス持続力ですから、このように集中力に加うるに持続力を涵養し得て、初めて鬼に金棒というわけです。

広く世間を見渡して、ひとかどの仕事をした人というものは、必ずやこの集中力と持続力を統一している人といってよいのです。



立腰の功徳(くどく) 十か条

1. やる気がおこる
2. 集中力がでる
3. 持続力がでる

4. 頭脳がさえる
5. 勉強が楽しくなる
6. 成績もよくなる

7. 行動が俊敏になる
8. バランス感覚が鋭くなる
9. 内臓の働きがよくなる
10. スタイルがよくなる






提唱者の森信三先生に関しては、次のサイトでご覧下さい。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~SHUJI/hagaki/morishinzo.htm
http://www10.plala.or.jp/mori-sinzo/index.htm


また、立腰に関しては幼稚園、小中学校などの多くの教育機関、企業、団体等で実践されています。興味のある方は、ぜひ「立腰」あるいは「立腰教育」等検索されれば、多くのサイトがヒットします。興味のある方はぜひ覗いてみてください。

ただ一つ、立腰は実践しない者にはまったくわからない世界です。
私も、初めて立腰というものに接した時、違和感とかなりの抵抗を覚えたことは述べておきます。



教育に関する情報色々あります
ランキングクリックお願いします。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ

ブログLink&人気Ranking


ブログランキングranQ



★コメント★トラックバック歓迎
ただし当方の一存で削除する場合もあります。ご了承下さい。
posted by 日々 学 at 23:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 立腰(りつよう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by mymwinfo at 2005年11月10日 11:38
子供達への真剣で、実践的ブログ、拝見させて頂きました。
確か、斉藤 孝教授も、子供達が真っ直ぐ立っていられないと指摘されていました。
日本の教育現場、まさに正念場です。
これからも度々寄らせて頂きます。宜しく御願い致します。
Posted by mymwinfo at 2005年11月10日 11:48
mymwinfoさんへ
コメントありがとうございます。
はい、幅広い教育活動をされている齋藤孝明大教授には私も注目しています。
『子どもたちはなぜキレるのか』他で日本人の伝統文化であった腰肚文化が、戦後教育で失われてしまったと述べています。その中で立腰教育の大切さについても触れています。

まだ始めたばかりのつたないブログですが、日々学んでいきますので、ぜひお寄り下さい。
Posted by 日々 学 at 2005年11月10日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。